館内図

大きく表示したい場合は、画像をクリックしてください。

館内図

お問い合わせ

開館時間/9:00 ~ 22:00
休館日/年末年始(12月29日~1月3日)
TEL 093-641-9306
FAX 093-641-9332

平成29年度 北九州市民カレッジ前期受講生募集のお知らせ

 市民カレッジロゴ

 

学びの魅力★新たなときめき!

詳しくはパンフレット又は下記北九州市民カレッジHPをご覧ください。

http://www.city.kitakyushu.lg.jp/shimin/file_2016_0106.html

 

パンフレット設置場所・・・区役所・市民センター・生涯学習センター等

カレッジ29前

 

お申し込みはパンフレットの申し込み票に必要事項を記入の上、FAX又は郵送でお申し込みください。(お電話又はE-mailでのお申し込みは受け付けていません。)

 

   申し込み票はこちらをご覧ください      

 

平成29年度前期市民カレッジ一覧

(八幡西生涯学習総合センター・九州国際大学地域連携センター分のみ)

 

講座名:安心して暮らせる支え合いのまちづくりを目指して~身近なふくしの現場を探る~

期 間:5月27日(土)~7月12日(水) 10:00~12:00(最終日のみ 13:00~15:00 全5回)  (募集は締め切りました)

概 要:今、地域に何が必要かを考える講座です。それぞれの地域が抱える様々な問題を解決するため、最新の情報を提供します。未来の日本をつくる、心豊かでたくましい子どもを地域全体で育み、高齢者が安心して暮らせるための地域づくりをお手伝いします。

場 所:ウェルとばた ほか

 

 

講座名:さぁ~街で一緒にフラッシュモブ!!

期 間:6月17日~9月30日 13:00~15:00(土曜日 全6回)  (募集は締め切りました)

概 要:心と体は密接な関係にあり、どちらか一方だけ満たされていても、本当の豊かさは得られません。そこで、今回は、心と体を繋ぐ媒体として「ダンス」を用い、楽しくレッスンを行っていきます。個々が体と心を満たしていくことで、それぞれの色を放ち豊かなHAPPYな人生を歩んでいく一助を担えるよう、また、国籍年齢性別問わず多種多様な人たちがダンスを通じてつながり、楽しめる場をつくります。障害のある方と一緒にダンスをする中で、相互理解を深めながら交流することも講座の目的としています。ワークショップでは、地元で、振付家・ダンサーとして活躍されている今村貴子さんを講師に迎え、ダンスを通じて浮かび上がるそれぞれの身体的・性格的な個性が作品の質を高めるようなアプローチで、今回の受講生の皆さんと、オリジナルのダンス作品を一緒に作り上げていきます。

※フラッシュモブとは、街頭や公共の場などに集まり、前触れなくパフォーマンス(ダンスや演奏など)を行うこと。サプライズ要素が高い。

場 所:八幡西生涯学習総合センター

 

 

講座名:コミュニケーション力アップ~表現すること・楽しむこと~

期 間:8月3日~9月7日 14:00~16:00(木曜日 全5回) 応募締切 7月23日(日)

概 要:私達が社会生活を送る上で他者とコミュニケーションをとっていくことは避けては通れません。口下手でも人見知りでも楽しくコミュニケーション。表現しあう中に人間関係が楽になるヒントがたくさん。人生・人間関係を見せる芸術である演劇の力を使って日常生活を豊かにしましょう。

場 所:八幡西生涯学習総合センター

 

 

講座名:ストレスチェック時代の心の健康増進講座(基礎編)

期 間:5月29日~6月26日 18:30~20:30(月曜日 全5回)  (募集は締め切りました)

概 要:平成27年度12月から職場において、ストレスチェックを行うように法律で決められました。これは働く人の中にうつ病をはじめとする精神疾患や自殺などの増加があり、その予防が必要と国が考えているためです。職場に限らず景気回復も十分とは言えず、政治経済は国内外を問わず不安定であり、事件・事故や天災など心配なことばかりです。また人間関係は希薄になる反面、コミュニケーションが難しい場面もふえストレスがたまることが多々あります。本講座は、このようなストレスが多い社会で、我々のこころの健康を維持・改善していくために、ストレス、メンタルヘルス、リラクセーションなど基礎的なことを種々の観点からわかりやすく解説し、一緒に考えていきます。またリラックス法や簡単なアートセラピーの実習も行います。

場 所:八幡西生涯学習総合センター

 

 

講座名:まちがいだらけの食品選び!?~知って得する食品表示~

期 間:6月29日~7月27日 10:00~12:00(木曜日 全5回) 応募締切 6月18日(日)

概 要:食品表示には様々なルールがあります。普段、商品やテレビのCMなどで大きな文字ばかりを見ていませんか?実は皆さんが見落としがちな「小さな文字」にも食品表示に関する重要な情報が記載されているのです。また、商品の耳障りのよい売り言葉や単に安いからというだけで、食品を選択していませんか?消費者は単なる安さや売り言葉だけでなく、あふれる食品の中から、食品の表示を通じて、その本質を見極めていく力が必要です。この講座では食品表示のルールをやさしく解説し、身の回りの様々な食品表示を取り上げながら、「安全・安心な食生活を育むためには?」をテーマに皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。なお、平成29年度後期北九州市民カレッジでは「まちがいだらけの食品選び!?~知って得する食品添加物~」(全5回)を実施予定です。

場 所:八幡西生涯学習総合センター

 

 

講座名:争続にならないための相続準備講座(基礎編)

期 間:5月23日~6月20日 18:00~20:00(火曜日 全5回)  (募集は締め切りました)

概 要:「相続の本質とは何か」現代社会の大きな問題となっている相続。政令指定都市の中で最も少子高齢化が進んでいる北九州市において相続は大きな問題です。何故「相続が争続に」なってしまうのか。相続の本質を知って頂くことにより争いを未然に防ぐ方法を学べる講座内容です。法務・税務の基礎知識を実例を基に学びながら心の問題を考えていきます。受講者の方々の疑問に答えながら進め皆で課題を共有し解決策を学びます。受講された方々が地域コミュニティにおいて相続争いを減らす灯台となりえる、そのような講座です。基礎編で相続全般を、後期の応用編でさらに深く実践的に学んで頂ける内容です。

場 所:九州国際大学地域連携センター(サテライト・キャンパス)

 

 

講座名:もっともっと、もっと知りたいわが街のこと!~エリア・マーケティングの視点による地域の再発見~

期 間:5月24日~6月21日 18:30~20:30(水曜日 全5回)  (募集は締め切りました)

概 要:灯台もと暗しではありませんが、住み慣れた街であっても知らないことは沢山あります。だからこそ、ほんの少し見方を変えるだけで新たな発見に繋がるのです。本講座では、まずエリア・マーケティングの手法を用いて詳細な地域データ(※)と向き合います。そして、受講生の皆さんの「わが街のことをもっと知りたい」という思いを、段階的かつ多角的にお手伝いすることを目指します。                         ※日本統計センターの市場情報を使用する予定。

場 所:九州国際大学地域連携センター(サテライト・キャンパス)

 

 

講座名:旧八幡市制100周年記念講座 八幡製鐵所と戦後日本経済の歩み

期 間:5月25日~7月6日 18:00~19:30(木曜日 全7回)  (募集は締め切りました)

概 要:今年は旧八幡市(現北九州市八幡東・西区)の市制100周年です。1寒村だった八幡を市に昇格させ、地域の発展を支えたのはご存知、八幡製鐵所です。八幡製鐵所は、戦前は国内有数の軍需工場でしたが、戦後は造船、自動車、電機、電力、土木・建設業界などに「産業のコメ」である鉄鋼を供給し、国土と経済の復興、高度成長を支えました。今日も規模こそ縮小しましたが、自動車用鋼板や鉄道用レールなど高付加価値製品を造り続け、日本や世界各国に貢献しています。北九州市の発展の原動力となってきた「母なる」八幡製鐵所と戦後日本経済の歩みについて、証言や画像・映像資料に基づいてふりかえります

場 所:九州国際大学地域連携センター(サテライト・キャンパス)

 

 

講座名:初心者のための漢詩入門講座

期 間:5月30日~8月22日 18:30~20:00(火曜日 全7回) (募集は締め切りました)

概 要:漢詩は中国の漢の時代に生まれた詩の形式で長い歴史と高い芸術性を持っています。日本にも伝わり西暦751年には日本最古の漢詩集『懐風藻』が作られています。コースでは誰にでもできる漢詩(七言絶句)の入門講座をめざします。漢詩は囲碁に定石があるように作詩には平仄・押韻・その他の約束ごとがあります。また、『詩語集』や『漢和辞典』の活用方法から作詩の基礎的な方法に至るまで指導します。また批正と推敲により完成した作品を書き下し、それを吟詠によって披露して、作品の音楽的な鑑賞もあわせて体験することができます。

場 所:九州国際大学地域連携センター(サテライト・キャンパス)

 

 

講座名:旧八幡市制100周年記念講座 官営八幡製鐵所の創立について

期 間:6月2日~6月30日 18:00~20:00(金曜日 全5回)  (募集は締め切りました)

概 要:「明治日本の産業革命遺産」がユネスコ世界遺産に登録された際、西洋技術の導入が、幕末の試行錯誤を経て明治末の1910年頃に成功したこと、こうした試みが成功したのは非西洋世界で日本が唯一であったこと、こうしたことが高く評価されました。そして官営八幡製鐵所が、こうした技術移転の成功を示す事例として意義づけられました。この官営製鐵所の創立期については、中学・高校の教科書にも必ず取りあげられる重要な歴史的出来事ですが、それだけに、これまで、種々の「俗説」も存在してきました。立地、原料鉄鉱石、建設資金としての賠償金などは代表的な事例になります。こうした「俗説」を検証(ファクトチェック)することを通して、製鐵所創立期の歴史過程をとらえ直し、この歴史的意義を考えます。

場 所:九州国際大学地域連携センター(サテライト・キャンパス)

 

 

講座名:ミヒャエル・エンデの『はてしない物語』をドイツ語で読む

期 間:6月5日~7月3日 18:30~20:30(月曜日 全5回)  (募集は締め切りました)

概 要:ミヒャエル・エンデの作品は世界各国で翻訳され、今もなお根強い人気を誇っています。本を読まれたことがない方も「ネバーエンディングストーリー」という映画の名前はご存知なのではないでしょうか。この講座では、彼の代表作の一つである『はてしない物語』の序章(プロローグ)を5回にわたって読んでみたいと思っています。エンデの物語は平易なドイツ語で書かれていますので、初級~中級レベルの知識をお持ちの方であれば、彼のファンタジーの世界を十分に味わえると思います。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

場 所:九州国際大学地域連携センター(サテライト・キャンパス)

 

 

講座名:歴史ドラマから探る「三大悪女」の物語<儒教の国を揺るがせたウーマンパワー>

期 間:6月9日~7月7日 18:30~20:30(金曜日 全5回)  (募集は締め切りました)

概 要:男尊女卑の儒教的価値観が横行した朝鮮時代。最下層の身分に生まれ、やがて王や権力者からの寵愛を受け、権威を振りかざし、嫉妬と欲望の中で生きた女性たち。その末路は悲惨なものだったと伝えられています。後の世に「三大悪女」と評されるようになった張緑水(ジャン・ノクス)と鄭蘭貞(ジョン・ナンジョン)、そして張禧嬪(ジャン・ヒビン)。今回の講座では、李氏朝鮮五百余年の「あだ花」とも言える彼女らの生き様を通じて、儒教の国・朝鮮の不思議を明らかにします。

場 所:九州国際大学地域連携センター(サテライト・キャンパス)

 

 

講座名:「持続可能な地域の未来づくり」を考える/歩いて地域を見てみよう

期 間:6月29日(木)~7月20日(木) 18:30~20:30(全5回) 応募締切 6月15日(木)

概 要:2005年、2010年、2015年の国勢調査で3回連続の人口減少数が全国の都市の中で一番多かったのが、この私たちの住む北九州市です。何とかしなければと思う方は多いと思います。行政もなんとかしなければといろいろな施策を展開しています。その中の大きなものとして「街のコンパクト化」や難しそうな言葉ですが「立地適正化計画」などがあります。生活をしていくためのプラットホーム(街の基盤)の見直しづくりです。それらを含めて八幡の街をサーベィ(現地調査)しながら子供や孫の代の「持続可能な地域の未来づくり」について、ワークショップをとおして考えてみませんか。                                             ※サーベィ(現地調査)については、現地を歩いて回るので、動きやすい服装・靴でご参加ください。なお、雨天などの天候により調査が困難な場合は、順延することがありますので、予めご了承ください。

場 所:九州国際大学地域連携センター(サテライト・キャンパス)[7月1日(土)は九州国際大学(八幡東区平野):現地集合・解散]

 

 

講座名:終活いろは~エンディングノートの書き方を学ぶ~

期 間:7月4日~8月1日 18:00~20:00(火曜日 全5回) 応募締切 6月20日(火)

概 要:昨今、よく聞く「終活」。少子高齢化社会の中で、社会構造の変化が起き、老後の不安は大きな社会問題となっています。この講座では、「終活」を人生のステージ別に分けて、学習していき、「エンディングノートを書く」ことを目的としていきます。終活とは、人生の終焉を考えることを通じて、自分を見つけ今をよりよく自分らしく生きる活動です。「縁起でもない」と済まさず、終わり良ければ総てよし!とあるように、自分の大切な想い、財産、生きてきた証を後世につなげるよう、また継承すべき、愛する家族が困らないように準備し、今をよりよく生きていくために学び活動していきましょう。

場 所:九州国際大学地域連携センター(サテライト・キャンパス)

 

 

講座名:韓流ドラマで学ぶ「韓国語の世界」

期 間:7月12日~8月9日 18:00~20:00(水曜日 全5回) 応募締切 6月28日(水)

概 要:今回は人気漫画をドラマにリメークした「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」を教材にします。主人公「ホン・ソル(キム・コウン)」を取巻く、大学経営学科に通う学生たちのキャンパス・ロマンスがベースになっています。軍服務を終え、復学した「ユ・ジョン(バク・ヘジン)」、ユ・ジョンの過去を知る「ペク・イノ(ソ・ガンジュン)」、そして学友や家族との関係をベースに感情表現が苦手な若者たちの心理状況を様々な角度から描き、ミステリー仕立てのストーリーが新鮮味を加えています。講座では、主人公たちの台詞を用いて会話の練習をします。(ハングルが読める方ならどなたでも参加できます)

場 所:九州国際大学地域連携センター(サテライト・キャンパス)