施設紹介

市民に自発的な学習の場を提供するため、会議室等の貸室や市民カレッジなどのセミナーを実施しています。

北九州ひとみらいプレイスの事務局、及び情報発信などのインフォメーションを行います。

お問い合わせ

開館時間/9:00 ~ 22:00
休館日/年末年始(12月29日〜1月3日)
TEL 093-641-9360
FAX 093-641-9332

お仕事帰りに気軽に参加“気ままにセミナー”のご案内

 ゜◎◯気ままにセミナー◯◎゜

コムシティ内の北九州ひとみらいプレイスでは

黒崎駅から徒歩1分というロケーションの良さを活かし

お仕事帰りに気軽に参加できるセミナーを開催しています。

参加しやすい時間帯、気軽に受けられるテーマ設定で

人づくり支援、黒崎のにぎわいづくりを目的に

どなたでも無料で学べる場を提供しています。

★☆★今までに企画したセミナー★☆★

◆平成26年11月9日(日)開催◆

自分自身の生き方のデザイン~生活の中でキャリアを考える~

●講師:櫻井 淳子氏(キャリアカウンセラー)

●内容:キャリアとは、生まれてから死ぬまでの人生で果たす様々な役割のことで、自らの意思で創りあげるものです。この講座で、自分の役割を見つめたり、仕事や生活の中での自分の価値を探ってみることで、これからのキャリアを考えてみました。

●参加者数:17名

●参加者の声:

・今後の人生全てに役立つと思いました。

・いろんなことを考えるきっかけになりました。

・とてもわかりやすい内容で楽しく興味深く聞かせて頂きました。

・キャリアという言葉を通して、仕事をするだけでなく、人と関わりながら生きていくこと全体を見つめようと思いました。

・最後の「思考が変われば言葉が変わる」及び講師から説明を聞き、改めて考えることができました。

・キャリアを重ねていくための基本中の基本のわざを教えていただき、「そうだやはりそうだったんだ」と納得いたしました。そして自分が進む道へ勇気をいただきました。

IMG_2107 (640x480)

IMG_2116 (640x480)

◆平成26年11月9日(日)開催◆

いきいきライフのための話し方~声と体のいい関係~

●講師:藤重 知子氏(ナレーター・MC・講師)

●内容:「声を出す」という行為は、体全体を使います。腹式呼吸で発声すること。表情筋や口輪筋を使って、より豊かにお話しすることで、気持ちも明るくなり、心身のリフレッシュに繋がります。毎日続けることで、話し方にも自信がもてるようになるトレーンイング方法を学びました。

●参加者数:19名

●参加者の声:

・聞くだけでなく実践もあり楽しく学ぶことができました。

・話し方、コミュニケーション(交流のポイント)など総合的にわかりやすくご指導を頂きました。実践を踏まえて、教えて頂き、職場や生活の中で気をつけて言葉使い・声のトーンなど考えながら相手に言葉を伝えていきたいと思います。

・声を出し、表情豊かに話す事の大切さを学べて良かったです。

・講師の方の美声にうっとり、「前に出る声」をはじめて体験しました。

・とてもうれしい2時間でした。藤重先生の講座はまた受けたいです。

IMG_2154

IMG_2153

◆平成27年1月20日(火)1月27日(火)開催◆

フルマラソンも夢じゃない!?楽しく安全なジョギングのすすめ

●講師:下岡 隆治氏

(日本ライフタイムスポーツ協会認定ジョギングインストラクター)

●内容:ジョギングは思い立ったらすぐに始められるスポーツですが、我流で始めることも多いため故障の多いスポーツの代表格でもあります。もっと楽しく、もっとラクに走る「コツ」を2回に分けて伝授していただきました。

●参加者数:延べ46名

●参加者の声:

・上半身、下半身の動かし方、くつの履き方など役に立つことを基本から教えて頂いて良かったです。

・2回の講座ですが、1回目で効果があらわれ非常にためになりました。

・会社帰りに参加できるのがよか。

・ジョギングを始めてちょこちょこ悩みが出てきたところだったのでとても勉強になりました。先生も優しくて判りやすかったです。

・シューズのひも結び、大変よかったです。体幹毎定のサンドイッチ続けたいと思います。クロスウォークも参考になりました。日常的に実行していきたいです。

・知らないことだらけでとても参考になった。わかりやすい説明で時間があっと言う間だった。基本の大切さと動きが理解できた。

DSCN0001

DSCN0008

DSCN0007

◆平成27年2月27日(金)3月6日(金)開催◆

聴覚障害者にやさしいマナーとコミュニケーション

●講師:市吉 哲夫氏・安藤 薫氏(聴覚障害者情報センター職員)

●内容:障害のある方も地域の活動に参加する機会が増えてきました。しかし、周りの理解、配慮がないために活動に参加することをあきらめてしまう障害のある方がまだまだ多くいます。受け入れる側もどう接して良いか分からず悩んでいる場合もあるかもしれません。本講座では、障害のある方のうち、「聴覚障害者」にスポットをあて一緒に働く場合、お店を利用する場合などの対応とマナー、そしてコミュニケーションの方法(手話や筆談など)について学びました。2016年から施行される障害者差別解消法の合理的配慮の視点から、やさしい居心地の良い雰囲気を作るにはどうすれば良いか一緒に考えました。

●参加者数:延べ37名

●参加者の声:

・手話って難しいと思っていましたが、楽しいと感じました。機会があれば学びたいです。

・とっても楽しかったです。また、図書館で本を借りて調べてみたいです。

・“気ままにセミナー”の2度の講義を受けて色々な事を気軽に楽しみながら勉強でき、難しくなく取り組めたので良かったです。

・手話の技法にこだわらず、ジェスチャーを交えて伝えることが大事なのだと言う事を学びました。

・すごく楽しく気軽に取り組むことができ、もっとたくさんの方にお知らせしたい内容だと思いました。

DSCN0001

DSCN0017 (640x480)

IMG_2785 (640x480)

◆平成27年5月12日(火)開催◆

ネットに奪われる子どもたち~スマホ社会とネット依存への対応~

●講師:古野 陽一氏(NPO法人子どもとメディア専務理事)

●内容:子どもたちは、なぜ、あんなにも簡単にスマホやネットを使いこなすのでしょう?友だちや家族と一緒にいても、止められないほど楽しいものなのでしょうか?危険や困ったことがたくさんあると言うけど、いったいどんなことが起きているの?どうしたらいい?この講座では、子どもたちのスマホ・ネット利用の実情、問題の要因、大人としての具体的な対応方法を学びました。

●参加者数:延べ35名

●参加者の声:

・今の子どもたちの現状が良くわかりました。将来が不安になりました。小学校のPTAに向けてお話ししてほしいです。

・スマホによりトラブルが起こる事は知っていたがLINEの具体的な内容はとても参考になった。幻聴、幻覚、攻撃的な言動などゲーム依存からくる精神疾患が薬物依存と同じであると聞いて講座を受講してとてもよかった。

・大変興味深かった。ネット依存は他人事ではなく誰にでも可能性があり犯罪に巻き込まれる危険もあるとわかった。子どもとの話し合い親の強い姿勢が大切だと思った。

・スマホ、ネットが使い方によってこわい・・・と思っていましたが、使い方を知らないことがこわいですね。

・ゲームに日々はまっていく子どもの様子を見て参加しましたがまた怖ろしさを知り、「寛容に」対応していく心づもりができました。

1

2

★次回“気ままにセミナー”は、認知症についてのセミナーを計画中です。開催が決定しましたら、ホームページでご案内しますね。みなさまのご参加をお待ちしています。